幻の日本酒をGET?KURAND CLUBの日本酒定期便サブスクを利用してみた!

「いつもと違った日本酒を飲んでみたい。」
「せっかく飲むなら珍しいお酒を飲みたい!」
「もっと日本酒について知りたい!」

KURAND CLUBの日本酒定期便サブスクでは、会員限定に、ここでしか手に入らない限定日本酒を毎月届けてくれます。

届くのは日本酒だけでなく、その日本酒を製造した酒蔵紹介のニュースレターにおつまみもセット!

美味しい日本酒を味わえるだけでなく、そのお酒ができたストーリーも知ることができます。

この記事では、KURAND CLUBを利用してみた体験談も合わせて紹介していきます!

KURAND CLUB(クランド クラブ)とは?

お酒の専門通販サイトKURANDの定期便サービス

KURANDはお酒の専門通販サイトで、日本酒だけでなく、

  • 梅酒
  • 果実酒
  • 焼酎
  • クラフトビール

と、幅位広い種類のお酒を取り扱っています。

そのKURANDが提供しているサービスの一つとして、日本酒定期便『KURAND CLUB』があります。

完全会員制の日本酒定期便で、会員のために特別醸造したここでしか手に入らない限定酒を最高の状態で届けてくれます。

ツイッター・インスタグラムの口コミも好意的!

ツイッターやインスタグラムで口コミを調べる際に、「#KURAND」で調べると単品通販の口コミが混ざってしまいます。

定期便の口コミのみを調べるときには、「#KURANDCLUB」のハッシュタグでツイッターやインスタグラム内で検索すると口コミを確認できます。

変な商品が届いたといった、クレームや不満の声はありません。
ほとんどが「今月のお酒が届いたー」と嬉しい声と写真が並んでいます。

これなら安心して利用することができます!

KURAND CLUBを体験してみた!

KURAND CLUBを実際に利用してみたので、どんな商品が届いたのかを紹介していきます。

KURAND CLUBでは、ただ日本酒が届くだけでなく、お酒のストーリーが詰まったニュースレターや、おつまみもセット。

順番にひとつずつ解説していきます!

静岡県・英君酒造『由比の世界』

今月の日本酒は静岡県英君酒造の『由比の世界』。

港町にある酒造会社で、そこで取れる新鮮な魚や料理に合うような、爽やかな味わいを目指して作られています。

ラベルのデザインも、海のサンゴや海藻をイメージさせます。
また、『KURAND CLUB LIMITED EDITION』と記載があり、KURAND CLUB限定酒ということもわかります。

ここでしか変えない限定酒が手に入るのは嬉しいですね。

アルコール分17%・精米歩合60%の純米吟醸酒。

グラスに注ぐと日本酒の良い香りが立ち込めます。

辛口テイストで香りも爽やか。
スッキリ飲みやすく、アルコールの強さも感じさせないまろやかさ。

そのまま飲んでも十分に美味しく、魚料理や海鮮と合わせると更ならハーモニーを醸し出す『由比の世界』でした。

静岡県駿河湾産 おつまみ小魚せんべい

『由比の世界』は海鮮と相性の良い日本酒。

それにあわせるおつまみもセットで届きます。

お酒もおつまみも同じ静岡県で作られていて、相性も良さそう。

お魚せんべいは、最初は甘みがありますが、噛みしめるほどに旨味が出てきて、サクサクした食感もおつまみにピッタリ!

おつまみを食べたあとに日本酒を合わせると、相乗効果でより旨味が増し、スッキリした後味に!

『由比の世界』と海鮮の相性の良さを実感できました!

保存用の小瓶で日本酒の鮮度を維持!

日本酒の鮮度を保ちながら保存するための小瓶もセット。

日本酒はデリケート。
保存するときはできるだけ空気に触れさせないのが理想です。

飲みきれない分を保存するときには、この小瓶に移し替えれば美味しさも長持ちします。

まとめ

KURAND CLUBは会員限定のここでしか買えないレアな日本酒が購入できる日本酒の定期便サブスクです。

完全会員制で、毎月、日本酒とセットになって、ニュースレターやおつまみも届きます。

今回味わった『由比の世界』も『KURAND CLUB LIMITED EDITION』と記載があり、KURAND CLUB限定の日本酒。

スッキリした辛口テイストの日本酒で、おつまみの小魚せんべいとの相性も抜群でした!

まだ出会ったことがない日本を探すとなると一苦労・・・
でも、KURAND CLUBなら毎月極上の1本と出会うことがで、日本酒を楽しみながら知識も得られ詳しくなっていくことができる楽しみもあります!

日本酒好きな方は、ぜひKURAND CLUBをチェックしてみて下さい!

■KURAND CLUB(クランドクラブ)

■関連記事もチェック!

この記事を書いた人

佐々木 慎吾

食育インストラクター。
お米ソムリエ・お肉ソムリエ・シーフードソムリエなど、食の資格を複数取得。
食や暮らしに関する役立つ知識をお伝えするために記事を書いています。